医療行為が行える人とそうでない人

歯科医院においては、歯科医以外にも、歯科衛生士と歯科助手という人たちが働いていることがあります。
この二つの職種の違いはあまり知られていません。
実は、この二つの職種は似ているようでいて大きく違うのです。
特に、医療行為ができるかどうかが違う点は重要です。
歯科衛生士は、看護師と同じようにまずは学校に行って勉強をし、その後国家試験を受けてなる職業であって、立派な医療従事者だと言えます。
ですから、この資格を持っている人たちは一部ですが、医療行為をすることが認められているのです。
一方の歯科助手というのは、これは資格職ではありません。
学校に通う必要もありませんし、国家試験に合格をする必要もありません。
ただの助手ということなので、したがって医療行為をすることは基本認められてはいないのです。
歯科医院によっては、人手が足りないせいか、ただ単に忘れているからか、歯科助手に医療行為を行わせるケースもあります。
厳密に、医療系資格を持っていない人には医療行為を行わせないことが、今後は求められてくることでしょう。