副作用が心配なステロイドの使用

ステロイドの使用で心配なことは副作用ですが、ステロイドは利用することによtt絵炎症を抑える力が強く優れた薬です。
皮膚科にて湿疹やかぶれ、虫刺されなどに利用されるステロイドの塗り薬は副作用が心配ですが、ステロイドの飲む薬は長期間飲みますが塗り薬の場合には心配はないです。
塗り薬は皮膚の表面に塗りますが、身体に吸収される量が少なく副作用の心配がほとんどありません。
副作用としては皮膚が薄くなったり、皮膚表面の血管が開いて赤くなってしまうことがありますが、3ヶ月以上の長期間特に皮膚が薄い部分に毎日塗った場合にでる副作用です。
1~2週間程度集中的にステロイドを塗ったり、一度塗って症状が出た時だけ塗るという方法を利用している場合には副作用は通常ありません。
またステロイドの利用は皮膚に跡が残ってしまうという心配がありますが稀なことで、虫刺されや湿疹の治療にステロイドを塗って茶色く残る炎症後色素沈着という症状は副作用が原因ではありません。
飲み薬のステロイドは皮膚科にてじんましんが重症であったり、虫刺されによって発疹ができてしまったときに短期間利用されることがありますが、数日から3週間程度の場合には胃に多少負担は掛かりますが大きな副作用の心配はありません。
膠原病や水疱症といった自己免疫性疾患の場合にはステロイドを半年以上服用することがありますが、大変特殊なことです。